『元祖 なめこ栽培キット』

こんにちは。アプリソムリエの今井安紀です。
みなさん「なめこ栽培キット」シリーズは1度は遊んだことがあるのではないでしょうか。その「なめこ」栽培キットシリーズがなんと10周年!めでたい!そして、先日10周年を記念して『元祖 なめこ栽培キット』がリリースされました。
懐かしの「なめこ」アプリ、久々に遊んでみてはいかがでしょうか?

初代と2代目栽培キットが合体して2021年に蘇る!

放置系育成ゲームの先駆けであり定番の「なめこ栽培キット」シリーズ。今回10周年記念でリリースされた『元祖 なめこ栽培キット』は、なんと初代の「なめこ栽培キット」と2代目である「なめこ栽培キット Seasons」を合体して大幅リニューアルを加え、2つの栽培キットを同時に育てて楽しめるようになっています。
最初は左の「初代の栽培キット」が用意されており、チュートリアルで出てくる「ダブル栽培機能」を開発すると、2代目の「なめこ栽培キット Seasons」の「季節の栽培キット 雪」での栽培もできるようになります。

『元祖 なめこ栽培キット』では、ただ2つの栽培キットを同時に育成できるだけではないんです。縦画面の場合は画面左上の画面切り替えアイコンから画面変更できるのですが、なんと横向きにすることで、2つのキットを並べて楽しむこともできちゃうんです。「ダブル栽培機能」開放後、画面の向きのロックを解除して横向きにしてみましょう。

なめこ、2画面同時に表示できちゃいました!
左右で一気になめこを収穫する快感を味わっても良いし、レアなめこをたくさん育てて眺めて楽しむのも良いです。横画面だと操作も一気にできちゃう便利さもあります。

なめこの育て方を復習!初めての人もカンタンです。

続いて、なめこを実際に育ててみましょう。
操作はとってもカンタン。まず、画面右下のフードボタンをタップしてみましょう。
フードの時間は時間部分をタップすると変更可能で、時間によってレア度が変わります。また、フードが持っている間はなめこが枯れないので、寝る時などはフードの時間を長めに設定しておくと良いでしょう。

しばらくするとなめこが生えてきて育つので、タップもしくはスワイプすると収穫することができます。ダンボールにどんどんなめこが入っていく動きも可愛い……!
新しい種類のなめこを収穫すると、右のスクショのように「発見!」という表示で教えてくれます。
また、なめこを収穫すると、「なめこ栽培キット」の通貨である「NP」がもらえます。もらえる金額はなめこの種類に応じて変化します。

新種発見時のお楽しみ「図鑑」

新しい種類のなめこを収穫できたら、右上の本のアイコンから「図鑑」を開いてみましょう。
「図鑑」ではなめこの説明を読んだり、レア度、もらえるNPについての確認ができます。シンプルな「なめこ」は割とあっさりとした説明文ですが、変わったなめこは説明文も面白いので毎回新種を見つけるたびに読むのが楽しいですよ。

栽培道具の活用で効率的になめこを栽培!

フードボタンの隣の小銭入れのようなアイコンをタップすると「栽培道具」の画面が開きます。ここにある「栄養剤」や「レア薬」を使うと、栽培速度を早めることができたり、レアななめこが育ちやすくなります。利用にはNPが必要ですが、効率よくなめこを育てたい時や、レアなめこを発見して図鑑を埋めたい時に活用するととても効果的です。
また、アプリを長く開けない時には「生命維持装置」をつけておくことで、長時間アプリを開かなくてもなめこが「枯れなめこ」化しないで済むようになります。

カビに注意!原木が病気になってしまう!

『元祖 なめこ栽培キット』を放置していたり、しばらく時間を置いておくと、原木に「カビ」が生えてしまいます。カビはタップすると退治することができるので、見つけ次第退治しておきましょう。カビもいろいろな形があったり、1タップで退治できないものがあったりして、悪いヤツなのに憎めないです。

『元祖 なめこ栽培キット』を放置しまくると……
こんな風に、全面枯れなめこ、カビだらけになってしまい、原木が「カビ病」になってしまいます。
「カビ病」になってしまった原木は、カビを全て退治することで治すことができます。

設備のアップグレードで新しいレアなめこが生えるように!


なめこの原木周りには、「照明器」「加湿器」「保温器」の3つの設備があります。新しいレアなめこに出会うためには、なめこが育つための設備を開発・アップグレードする必要があります。
設備開発は、左下のジョウロのアイコンをタップするとメニューが出るので、そこから「設備開発」をタップしましょう。

設備開発画面を開くと、アップグレード可能なものは「アップグレード」の表示になっています。通常はNPを使って開発するのですが、チュートリアルの照明器のアップグレードは0NPでできるのでやってみましょう。
アップグレードの表示がされていない設備は、条件クリアで開放されるようになっています。グレード1の加湿器と保湿器は、図鑑の「SD1-03」を発見・登録されるとアップグレードされるそうです。

旧作にはなかった機能も!

『元祖 なめこ栽培キット』には旧作にはなかった機能も追加されています。
その一つが「おねがいパネル」機能。これはいわゆるクエスト機能のようなもので、画面右上のパネルアイコンから確認することができます。

おねがいパネルのクエストを達成するとNPなどのご褒美がもらえます。初期段階での500NPはでかい……!
おねがいパネルにはパネルそれぞれに壁紙が設定されており、クリアしてもらったものは端末への保存が可能です。最初にクリアしたパネルはいろいろな種類の「ねこなめこ」がキャットタワーで遊んでいるというとっても可愛いものでした!こんなに可愛いのが出てくるなんて、他のパネルの壁紙も期待大ですね。

もう一つの新機能が「なめこミュージアム」機能です。
これは、同じ種類のなめこを20匹収穫するとなめこミュージアム内のジオラマの中に収録されるというもの。なめこがどこに登録されるかは、収録されてからのお楽しみ!ミュージアム内を探してみてくださいね。

キットの設備開発を進めるとさらなる原木を開放できる!

設備開発を進めていき、原木の各設備のグレードがMAXを達成、おねがいパネルの枚数をクリアすると次の原木をオープンさせることができるようになります。新しい原木の開発にはたくさんNPが必要になるので、栄養剤やレア薬を使って効率よくなめこを収穫、NPを集めるようにしましょう。
Seasonsの「雪」の次の栽培キットは「祝」でした!金粉らしきものも散っていてなんだかめでたい雰囲気の原木とキットなので、めでたそうななめこでも生えてくるのでしょうか?どんななめこと出会えるかは育ててみてのお楽しみです。

私が好きなレアなめこはこれ。

レアなめこについてあまりたくさん書いてしまうとネタバレになってしまうので、ここでは比較的初期に出てくるなめこの中から私のお気に入りをご紹介します。
まずは「初代の栽培キット」の原木で育つ「なめこのコシカケ」。ビーチにいる感があって優雅な感じが好きです。座ってるの、ビーチベッドではなくサルノコシカケのくせに。笑
「季節の栽培キット 雪」に生えるお気に入りなめこは「白ウサギなめこ」。ふわふわ感と、なめことウサギというミスマッチが面白いところが好きです。

昔「なめこ栽培キットシリーズ」で遊んだ人も、まだ遊んだことがないという人も、10周年のこの『元祖 なめこ栽培キット』でぜひなめこの可愛さに触れてみてください。改めて、なめこ10周年おめでとう!

元祖 なめこ栽培キット

Download on the App Store
Google Play で手に入れよう
シェアしてね!