『いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab)』

こんにちは。アプリソムリエの今井安紀です。
最近寝ても疲れが取れない……そんな方はもしかしたら睡眠の質があまり良くないのかもしれません。
今回ご紹介する『いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab)』というアプリは、睡眠中の音を録音・モニタリングしてあなたがいびきをかいているかどうかを測定してくれるアプリなんです。
録音の結果と睡眠前の行動によって、あなたがいびきを書きやすくなるタイミングも教えてくれるから、ただ録音するだけではなく対策の参考にもできちゃうんです。

簡単な設定をして、充電器をつないで眠るだけ!

使い方はとても簡単。アプリのトップ画面からその日の睡眠に関する簡単な設定を行って「スタート」を押して、ガイドに従ってiPhoneをセットしたらあとは眠るだけです。
「眠るまでの時間」はスタートを押してからiPhoneをセットしたりする時間があるので、即寝落ちタイプの方でも5分くらいは設定しておくのが良さそうです。
アラームが必要な方は、右上のアラームアイコンから設定しておくと良いでしょう。iPhoneの標準アラームとの併用もできました。

いびき対策として既に行っているものがあれば、「対策」をタップして該当するものをタップしてチェックを入れておきましょう。同時に、飲酒や鼻詰まりなど、睡眠の質に影響しそうな要因がある時には「要因」からその項目にチェックを入れておきます。
これらにチェックを入れておくと、対策が効果的か、また要因によっていびきの具合がどうなるかの統計を取ることができるようになります。

セッティングが終わって「スタート」をタップすると、左のスクショのようにセットの仕方を教えてくれるのでその通りにセットし、眠りにつきましょう。スマホは充電器に挿しておきます。
「OK」をタップすると、「おやすみなさい!」の表示が出るので、画面を下向きに伏せておきます。との時にマイクの位置が出るので、マイクが自分の側に向くようにして置くとよりしっかりと録音されるようになります。

目が覚めたら録音された音をチェック!

目が覚めたらセッションを終了させ、「結果」を開いてみましょう。
「結果」ではいびきスコアを見たり、睡眠中のいびきの音をグラフで確認したりできます。
グラフの値が高いところは、タップすると録音された音を聞くこともできます。無料の場合にはいびきの音のサンプルの録音回数は限られてしまうため、全ての音を聞けない場合もあります。
実は我が家は周りがあまり静かではないため結構環境音を拾っていて、再生してみたらほとんどが大きな車かバイクの音。いびきらしいのはここ数日で1回しかなくて「私静かに寝てるじゃん!」と思ったのですが、まさかのムニャムニャした寝言が1回あって恥ずかしい気持ちになりました。
無料で利用できる履歴の数は3日分までとなっており、それ以上はアップグレードする必要があります。

アップグレードであなたのいびきの対策や要因の傾向が見れる!

「傾向」はアップグレードした人向けのメニューなのですが、ここでは対策や要因別にいびきにどんな影響があったかを見ることができます。
「対策」ではグラフを見比べることによって、どんな対策が一番静かに眠ることができたかの傾向を掴むことができます。いびきの表示が少ない対策はどんどん取り入れたいですね。逆に「要因」では睡眠の質を悪化されてしまう要因がわかるので、熟睡できていないと感じる人はその要因を極力減らしてみてはいかがでしょうか。

「インサイト」では睡眠にまつわるコラムが読める。

「インサイト」では睡眠を考察したコラムを読むことができます。アプリの機能について書かれているものもあるで、使い始める時にはサッと目を通して置くと良いでしょう。
この「インサイト」曰く、5,000万人以上の睡眠を既にウォッチしてきた「いびきケア」での「いびきスコア」の平均値は約25なのだそう。50以上の人は「悪性いびき」になってしまうそうなので、対策をしっかり取ることを検討してみてはいかがでしょうか。

『いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab)』はただ睡眠中の音を録音するだけではなく、自分の睡眠の傾向も生活や快眠対策から分析してくれるので「自分の睡眠をの現状を知るだけではなく、どう役立てるかまでケアする睡眠アプリ」として一歩リードしているアプリだと感じました。
まずは自分ではわからない睡眠中の自分を知るところから、気軽に使ってみてはいかがでしょうか。

いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab)

Download on the App Store
Google Play で手に入れよう
シェアしてね!